外壁塗装やフロアコーティングなどのリフォームを導入する

MORE REFORM

意義

igi

賃貸マンションなどによく見かける、リフォーム済み物件という言葉やリノベーション済み物件という言葉。
この、リフォームとリノベーションに関しては、似ているようで違った意味合いが存在している。
日本語で表現すれば、リフォームは修繕であり、リノベーションは刷新である。
この違いはかなり境界線が曖昧になってきていることであるが、日本語に置き換えると比較的意味が伝わりやすいといえる。

年数が経過して老朽化してきた部分や破損汚損が起こっているような部分を、新築時の条件に戻す。本来の性能に戻す。
そのために、悪い状態からの改良を行ったりするための改修工事を行ったりすることをリフォームと呼ぶ。
これに対し、現状老朽化などが発生していなかったとしても、新築時の状態よりも性能を向上させたり価値を向上させたりするための大規模工事を行うことがある。
こういった場合、新築時の条件に戻すことよりも機能や価値の向上に工事の意味を置いており、前提とされている。
デザイン性を高めたり、現代的な住スタイルに合わせるための改修をリノベーションと呼ぶ。

こう考えると、この二者の違いはかなり明確に存在していることがわかるといえる。

種類

syurui

リフォームという言葉の元来の意味を考えると、その施工工事の種類は実に多岐にわたることが容易に想像がつく。
なぜならば、建物に関して手を加えられるところは全てリフォームすることが可能であるからだ。
そのなかでも敢えて区切るのならば、建物の部位ごとの施工単位となるといえる。

キッチンのリフォームであったり、浴室のリフォームなど水回りは定番であるといえる。
また、洗面所やトイレのリフォームも可能である。
オール電化に宅内を変更することもまたリフォームと表現することが出来るであろう。
さらには住居の中の細かい部分、ドアノブや手すりの交換であったり、網戸の交換であったり、そういったこともリフォームと呼ぶことが可能である。
もちろん、内装そのものを変更することもリフォームと呼ぶことが可能である。
さらには、間取りの変更を行うことも、リフォームに含まれてくるといえる。
家の外側、外壁や屋根、またエクステリアを含めた外構部分のリフォームも当然存在している。
このように、手を加えられるところは全て手を加えていくことが出来るのがリフォームの醍醐味なのである。

マンション

mansyon

マンションにおいても、リフォームを行うことが可能である。
それはもはやリノベーションと言っても良いレベルのリフォームを行うことも可能であり、自宅の選択肢を広げることに繋がるといえる。
もちろん賃貸物件でそれを行うことは不可能であるが、分譲マンションであればリフォームを施すことが可能なのである。

立地や専有面積が十分納得できている中古マンションを購入して、後はスケルトン化したリノベーションや、気になるところのみリフォームを行う。
そういった方法を取ることによって、自宅をどこに決めるかという選択をますます自由にすることが出来るといえる。
中古物件で安く建物を購入し、後はリフォーム工事代に当てることによって理想の住宅を手に入れることが可能なのである。

マンションのリフォーム工事を行うにあたっては、水回りのことに注意が必要である。
排水パイプとの高低差の関係で、水回りの場所を変更することで水はけが悪くなってしまったりする可能性があるためである。
また、専有部分であれば工事を行っても問題ないのは確かであるが、管理規則などを確認して個人でリフォームできる範囲となる専有部分を再確認する必要がある。

20年

リフォームを行うにあたって必要な年数スパンは、その部位によって違いが出てくる。
原則的に、外壁や屋根の防水工事に関してはこまめなリフォームが要求されるといえる。
大体、5年から10年程度が目安であるとされていることに注意が必要である。

その他家の内装に関わってくる、キッチンやお風呂などの水回りに関しては10年から20年程度経過した頃が替えどきであるといえる。
経年劣化は前提として、生活環境も子供の成長や自分の加齢によってかなり変化してくることがその根拠の一つである。
また、それだけ年月が経過すれば商品ラインナップもかなり変化しており、より暮らしやすい商品を手にすることが出来るというのも大きな理由である。